リモートワーク

無料送迎バスがあって便利!『東横INN 博多駅南』に泊まった際の感想

新型コロナウイルスの感染拡大にともない、リモートワークの普及が増えている現在、比較的安価なビジネスホテルで作業をされる方もいらっしゃると思いますが、今回は『東横INN 博多駅南』に泊まった際の感想をまとめていきます。

注意: 本記事は2019年12月に泊まった際の感想を綴っています

なお、ホテルの紹介前に申し上げておきたいのが、本記事は最新のものではなく、2019年12月に泊まった際の写真を用いています。ただ、東横インという全国チェーンで運営されているビジネスホテルであれば、客室の設備などはそう変わらないのではないか、と思い投稿することにしました。

送迎サービスがあり便利な『東横イン 博多駅南』

『東横INN 博多駅南』は博多駅から多少の距離があることから、荷物が多い方などは自力で行くのは大変だと思われます。しかし、博多駅筑紫口から無料送迎バスが出ていることから、移動に関してはそう不便を感じないと思われます。

なお、現在は新型コロナウイルスの感染防止対策として、乗車人数に制限などがあるようなので、詳細に関しては上記のリンクをご確認ください。また、私は以前に朝便の福岡空港までの送迎を利用したことがあるのですが、現在は当面の間運休しているとのことです。

リーズナブルな料金が魅力的

そして、ビジネスホテルであるだけに1泊の料金もそう高くはなく、私が泊まった際は1泊約6,000円で宿泊することができました。私は東横INNクラブの会員であるため、会員価格&ホームページからの事前支払いで割引が適用されたことでより安く泊まれたと思います。

なお、現在は『日帰りプラン』(3,900円【税込】、8:00~23:00)もあることから、リモートワークをする方にはオススメかもしれません。

レディースセットは2020年4月からロビーで自由に持ち帰りができることに

また、以前まで女性客にのみフロントで手渡しされていたアメニティのレディースセットは2020年4月1日から全ての宿泊客を対象にロビーから自由に持ち帰りが可能となったようです。

客室内の壁が薄いことが難点かも?

また、ビジネスホテルであれば多少の騒音も聞こえるのは致し方ないのかもしれませんが、『東横INN 博多駅南』に宿泊した際、壁が薄いのか隣の宿泊客の方のいびきが聞こえたことがあります。最初は外の騒音だと思っていたのですが…

 

この投稿をInstagramで見る

 

その際はフロントに言えば部屋を変えてもらえたのかな?と今となっては思うのですが、すでに備え付けのガウンに着替えていたことから「隣の方はお疲れなんだろう」と思い、気にしないことにしました。もし普段から耳に敏感な方は耳栓を持参するのがいいかもしれません。

まとめ

このように、福岡を訪れた際には宿泊したい候補のひとつとして挙げられる『東横INN 博多駅南』ですが、リーズナブルに宿泊、また日帰りでの利用をしたい方にはオススメです。

ABOUT ME
栗野丸小雪
本来であれば、旅行&出張の際のビジネスホテル紹介のためのサイトを立ち上げようと思ったものの、コロナ禍でライフスタイルを中心としたジャンル変更に至りました。