サーバー・Wordpress

WordPress運営にて『サイトに重大なエラーがありました』と表示された際の対処法は?(メールでお知らせが来た場合&来なかった場合の両方を紹介)

WordPressでサイト運営している方であれば、何らかの理由でサイトエラーを経験したことが1回はあると思うのですが、今回は『サイトに重大なエラーがありました』と表示された際の対処法について紹介していきます。

WordPressから『サイトで技術的な問題が発生しています』というメールが来た際の対処法

WordPress運営の際にエラーが起こった際、Wordpress側からメールが来る場合と来ない場合があるのですが、まずメールが来た際には『サイトで技術的な問題が発生しています』というタイトルで、以下のようにエラーが起こった部分を教えてくれます。

私の場合、導入していたプラグインのうちひとつが不具合を起こしていたのですが、トップページおよびダッシュボードにも普通に接続ができたため、リカバリーモードには接続していません。

この場合、該当のプラグインを削除することが最も手っ取り早いですが、私は該当のプラグインを使用する頻度が多かったことから、なるべく引き続き使えるようにしたかったので、もし同様に考えている方がいれば安易に削除せず、プラグインの制作者に解決策について直接問い合わせしてみてください。

ちなみに、私はPHPの関係でプラグインに不具合が起こっており、その際PHPを8⇒7.4に下げたことで不具合が解消されました(2021年4月現在)。PHP8は導入されて間もないことから、多くの部分で不具合が起こりやすいようです。

トップページに『サイトに重大なエラーがありました』と表示されていた場合(メールが来ない場合)

また、トップページに突如『サイトに重大なエラーがありました』と表示され、デザインが崩れるなどといった不具合、かつWordpressからメールが来ない場合はサーバーのphpファイルを一時的に変更する方法があります。

当サイトおよび主サイトはカラフルボックスを採用していますが、基本的にはどのサーバーでも同じ対処法でOKです。

・主サイト

カラフルボックスの例で説明しますと以下の通りです。

①cPanelにアクセスし『ファイルマネージャー』(『ファイル』のカテゴリにあり)を開く。

②『public_html』フォルダをダブルクリック。

③不具合の起こっているサイトのドメインのフォルダをダブルクリック。

④『wp-config.php』ファイルをクリック⇒上の『編集』をクリック。

⑤『この操作によって予期しない結果が生じる可能性があるため、文字セットを変換する前に、元のファイルをバックアップします。』といった表示が出たら右下の『Edit』をクリック。

⑥『define(‘WP_DEBUG’, false);』というコードがありますので、これを『define(‘WP_DEBUG’, true);』に一時的に変更し、右上の『変更の保存』をクリック。ファイルマネージャーは閉じないでください。

※ファイルマネージャーのコードの変更は慎重に行ってください。特に初心者であれば万が一のために一時的にコードをメモ帳などにコピペしておくことをオススメします。

⑦不具合の起こっているサイトのトップページを確認すると、どこに不具合があるのか教えてくれるため(英語での説明になりますが、何を言っているのかニュアンス的に分かります)、それに合った対処をする(私の場合某ランキングプラグインが不具合を起こしていたため、そのプラグインを削除しました)。

⑧『define(‘WP_DEBUG’, true);』⇒『define(‘WP_DEBUG’, false);』に再び戻し『変更の保存』をクリック。ファイルマネージャーを閉じてください。

サイトにエラーが起こってもまずは慌てないことが大切

ほとんどの場合、プラグインやPHPの不具合が原因であるため、上記の対処法で解決するかと思われますが、もし解決しなかった場合などはそれ以上自己判断でサイトをテコ入れしようとせず、サーバー側に問い合わせをし指示を仰いでください。

↓↓『カラフルボックス』公式サイトはこちら↓↓

ABOUT ME
栗野丸小雪
栗野丸小雪
本来であれば、旅行&出張の際のビジネスホテル紹介のためのサイトを立ち上げようと思ったものの、コロナ禍でライフスタイルを中心としたジャンル変更に至りました。